2018年2月20日 (火)

あ、凄いな。李相花。

さっきNHKで500mスピードスケート表彰式を観た。
既に決まった結果は書くまでもない。

国歌斉唱でね。

三位のチェコ選手は普通に立っていた。

銀メダリストの李相花「イ・サンファ」が「君が代」に
右手を胸にあてていたのが印象的だった。

これは敬意を表する、ということだろうか???

庵主は「世界基準の常識」を知らないから国内外を
問わずに何かやるなら恥ばかりね。

無駄に利権や商業儲けを狙う五輪イベント屋は嫌いよ。
そんなのとは別にスポンサや競技用具は勝敗要素の鍵になる。

だけど決め手は競技選手自身のはず。
平和な、それでいてどっか熱い戦いってのは
TV見物するだけの外野席からだって面白い。

ABBAの歌じゃないがWINNER TAKES IT ALL。

今までモノを判じるのに情報のINPUTが無かったから
わからなかったけど李相花って。
負けても良い競技者だなあ、と思ったのさ。

«上出来、上出来

↓庵主の色々暇つぶし