2018年6月15日 (金)

会社の自販機で缶コーヒー1本を賭ける

これはね、たまさかに世の動きらしき物事をネタにして
職場の若衆を相手に時々やるイベント。

昼休みに何となくで題目となったのは
「安倍首相は日朝首脳会談を実現させるか?」だった。

結果、不成立。皆の賭け筋はダメだろうな、で。

シンガポールにて現実となった米朝首脳会談。
儲けたのはトランプだろう。

アメリカは戦闘国家だと思う。軍事産業無しでは成り立たない。
それが無くなるのは日本が自動車産業を放棄する以上だと思う。
だからあり得ない。米国の「業」みたいなもんだ。

韓国を手なずけて、北朝鮮を近くに置けばロシアとの関係を
薄く出来る可能性が有る。だとすれば地勢戦略が楽になるはず。
軍事演習を打ち切りにしたなら余力を南シナ海の対中、イスラエルと
対中近東に振り分けられる。

北朝鮮はどうか。
民主国家で代表の立場になった人間と違う、現代では珍しい
独裁者家系が熟成した結果で。これまた儲けたものだろうなと。
思惑のままに経済制裁が解除されれば「草の民」が多く根付いた
日本が彼の財布になるのだろう。

この話については良い悪い、好き嫌いの感覚ではなく。
それはそれで自分は厭世詩家ではないが、それが世の動きなら仕方ない。

これからの成り行き。どうなるか。

つまりは移り住んで他所から分捕る狩猟を基として覇権を得たか、
一つ場で糧を集める農耕の民から独裁が生まれたか。

両者が表向きには手を握ったところで実際は
「握手をしているふりの指相撲」だったりして。

ただ。。。日本。首相はTV報道で随分なアピールをしているが
どうにも「蚊帳の外」感なんだなあ。個人的な印象さ。

だけどね、もしも仮にも。 ホントにそんな場所へ日本が居たなら。

刺す蚊は何処から飛んで来るのだろう、ってか。

吉田拓郎の「落陽」が頭の中に浮かぶ。
俺は何をこれからの自分に賭けようか。とりあえず、ナニモナシ。

«夢の続きは また明日以降。で、帰宅

↓庵主の色々暇つぶし