« 天は人に語らず。 | トップページ | 仮面の下の、その顔は? »

2017年7月14日 (金)

一週間が早いことったら

定時退社で今から父の様子を見に行く事にして帰省する。

母の弟=叔父が先週に入院したと言う話から見舞いも兼ねて。
東日本橋の問屋街は母の里と同じ町内の様なもので学生時代に
祖母の顔を見に立ち寄ればジーンズなんかを何本か買ってもらったことがある。

昭和の50年代半ばまで、その辺は衣類の問屋が多かったと記憶している。
素人さん(業界の取引とは別の個人客、そういう呼称だった)お断りとか歓迎
なんて紙札がそれぞれにぶら下がっていた。

何処の店でも祖母と一緒に行けば「あ、○○(母の旧姓)のおかみさん、好きなの
持ってって下さいませよ」と異業種交流みたいな雰囲気があった。

現代では下町でさえ「地の縁」は薄くなった、と書くより消えたのだと思う。

そこに育った叔母は今でも和裁生地を買いに行くそうで。自分用に和式の
フォーマルなやつを作ってもらうことになり、段取りを決めるのに住んでいる
横浜まで帰りがけの訪問とすることになった。

そして床屋。
生えない、伸びない、抜けるばっかり。残る枯れ髪、寒くなるよな雪の色。
面倒な事なのはそれだって時折に頭の植栽が必要になってくる。

とにかくなあ。平日の一週間には慌しいだけで。
これなら週末は楽しみを考える前に過ぎてしまうのも道理だ。

世間では三連休になるらしい。しかし月曜はアタリマエに出勤日となっている。
まあ、いいか。いずれ自分で作る三連休ってのを考えよう。
ということで出発。

« 天は人に語らず。 | トップページ | 仮面の下の、その顔は? »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133733/65534197

この記事へのトラックバック一覧です: 一週間が早いことったら:

« 天は人に語らず。 | トップページ | 仮面の下の、その顔は? »

↓庵主の色々暇つぶし