« 一週間が早いことったら | トップページ | 夏の週末迷想 »

2017年7月17日 (月)

仮面の下の、その顔は?

先週末は親父の様子がどんなものだか見に行って。
食が細くなったと母が言うとおりに身の肉が落ちた印象さ。

だが息子の顔を識別できるし口調は昔のままだ。
コレなら今夏を乗り切れば次の正月までどうにかなりそう。

ただ万事に閾値というか境目と書くか。

線を引いた先から一歩でも次に行くなら状況が劇的に
変化する例は世の中でアタリマエに多くある。

そして境界は足元にあろうと大半は誰の眼にも見えない。
一応の見立てで元気そうに感じたところで親について
本当の状態はどんなものだか分からない。

何か言えば直ぐに手足が飛んでくる父親だった。
現代では虐待とか家庭内暴力と簡単に表現してしまう世の中
かもしれない。この歳になって思うに。そうじゃないんだな。

自分の前では大丈夫な振りを無理にしているのかも知れん。
そうであろうとなかろうと。「時」は誰にでも来る。
まあ、俺ャあ親不孝ばかりってもんだったが。

オヤジさんが気楽に長生きできるならこれほどありがたい
息子孝行ってのはないだろうな。んじゃ、また来るからさ。

その辺は親子のことでもあるから。
無遠慮で思いつくままの去り口上をやって、それで帰宅へ。

軽口挨拶がいつまで出来るもんだか分からない。

金曜夜の宿は東日本橋のアパホテル。これは良い宿だった。
周囲で見かける連中と宿泊客、従業員は東アジア系だろうか?
邦人と違うのは明らか。それもまた今の日本の風景だ。
差別や嫌悪の意識は無い。それより、みんな色々と暮らす場面で
頑張って生きてるんだなあ、って感じだったさ。

自分の親だってね。一応は元気にしていると思った。
それが普通の事なのか、時折に来る子供と会う時に
少しばかりの無理をしているのか。それは分からない。
何であれ。自分を人に見せるってのは大変なことだろうと思う。

俺だって色んな顔して暮らしているし。

<本日の一枚>
これは偶然に知ったYOUTUBE。
著作権や版権がどうなってるか知らんが。。。

異国の声優としてこれほど印象深い人はいない。
出演者としてならばシュワルツネッガーの「コナン」で
一応は悪役だった人。アール・ジョーンズ。

ベイダー卿を初めて知ったのは藤子不二雄の「魔太郎がくる!!」
だった。日本公開の一年前に叔父が米国公開の土産にマスクを
送る場面。当時の自分は高校三年。翌年の大学最初にズル休みは
初日のテアトル東京封切りの「STAR WARS」さ。

本筋の流れからすればベイダー卿も哀しいオヤジだったと思う。
人気が出れば。訳の分からぬスピンアウトが出るのは仕方ない。
それも興行というものだ。

だが、徹底的な悪役にされてもこれは観る価値があるだろう。
米国風の娯楽視聴を体験する意味で。日本なら仮面ライダーと
サイボーグ009は作者が同じだろうが絶対に競演しない。

https://www.youtube.com/watch?v=u3tC8TPh9oQ

疑問があるなら。現代技術で映像はCGでどうにでもなる。
この音声はアール・ジョーンズ その人のものなのだろうか。

それにしてもこれは超短編娯楽作品だ。
いったいアメリカってのは。。。

Darth_vader

« 一週間が早いことったら | トップページ | 夏の週末迷想 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133733/65547361

この記事へのトラックバック一覧です: 仮面の下の、その顔は?:

« 一週間が早いことったら | トップページ | 夏の週末迷想 »

↓庵主の色々暇つぶし