« 明日から平常営業 | トップページ | 寒いなあ »

2018年1月 9日 (火)

リアルに怖いと思ったこと

1月上旬は日の出が最も年の内で遅くなる。

ましてや今朝のような雨模様なら自宅を出る7時前は一層に薄暗い。
一応、運転する視野は前照灯が無くてもどうにか見える。


しかしね、キッチリとライトを点けなければ自分自身の存在が
他者から不確かになるのは明らかなんだよな。

薄暮のヘッドライト(本来の使い方でなくてもフォグだけだって良い)
には見るためでなく、見せるための意味がある。

そんなトコから、運転センスの無い奴がいる例を少なからず見かける。
それはそれで仕方ない。勝手に出合い頭事故でもやってくれ、だ。

出勤途中のコンビニでコーヒーと煙草を買うのさ。
レジの前客は「どう若く見積もっても」70代後半か、あるいは80過ぎの婆様。

その支払いは、モタモタと背を丸めて一枚ずつの小銭を
頼りない指先でつまみながら緩慢な動作で置いていく。

特に急いでいる時でもないから待つ間にイライラするでもなく。
で、買い物終了で店を出れば駐車場から出ていく車。

そいつは先客婆さんの単独運転だったのさ。
どんな走りをするのか、にわかに野次馬魂が沸き起こる。
だけど通勤方向とは反対方面に去って行く。
無灯火のままでね。

印象はただ、「危なっかしいなあ」だ。

WEB記事や中途半端な統計で表面化しない高齢世代の(それゆえの)
交通事故ね。その老人がやらかすか他人まで巻き込まれるかの危うさに
ついて思うなら。何処の誰でも多く遭遇する可能性は今後に高くなるかもよ。

昔のTOYOTAは広告文句で「FUN TO DRIVE」と言っていた。
電気自動車にシフトしていくのは資源、環境の見地から一つの流れだろう。

だがね、人間が運転する面白さを横に置いて自動化までを
重点テーマとするのは、自動車が日本の基幹産業であるから
将来に備える動きなのだろうと思うのさ。

現在が過渡期以前の起点になる時代なのか。
ならば、この流れがどうなるか誰にも分からないはず。

自分自身は70歳を過ぎて免許更新をしないつもり。
その時の自動車がどんなものになってるかは想像できないけどね。

« 明日から平常営業 | トップページ | 寒いなあ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133733/66260328

この記事へのトラックバック一覧です: リアルに怖いと思ったこと:

« 明日から平常営業 | トップページ | 寒いなあ »

↓庵主の色々暇つぶし