« 札幌 当然@北海道 <2003.10.24&25> | トップページ | 石垣島+福岡 <2004.1.23~25> »

2007年7月26日 (木)

石垣島 <2004.1.1>

石垣島は沖縄県

<2004.1.1> 

Soba_1

2003年も終盤が近づいた頃に漠然と今年は色んな所に行ってみたい
(=日常の現実から逃げてみたい)という思いが沸々と出てきてツイには
その気持ちがふきこぼれるまでに。
ANAで年に何回か定常時に比較して格安な「超割」なる航空券が購入できるという。
その第一回目は元旦ということでどうせ帰省するなら一番遠い所に寄り道してから
にしようと石垣島に行ってみる事を思い立ち二ヶ月前に購入していた。
(実際は近いうちに再訪宿泊する予定が有って下見を兼ねているのだが)

日に1便の名古屋からの直行便。ANK631便は8割以上の搭乗率。
周りの客をこいつら新年早々から何しに出かけるんだろうと眺めても
自分はなおさら何だろうとも思う。
3時間程度で眼下に青くて蒼くて藍色の海とサンゴ礁。そして石垣空港に着陸。
WEBでアタリをつけた民宿方面に行こうにも交通手段がわからず観光案内所の
「お嬢さん」に尋ねてみる。(多分、「お兄さん」なら聞くことはしなかっただろう)
個人的な印象として沖縄の人は何となく沖縄の人だなあ、という雰囲気が何処とは無しに
あると思うのだが石垣の人はあまり本土の人との差は外観上、それほど違わないようにも。

TAXIにて白保方面に。運転手から「石垣は初めてですか、何処から来ましたか」などと
好奇心よりも運転中の間を持たせるための様な、とりとめのない質問に答えて15分程度で
到着。最後には仕事で来たんですかとまで言われちまった。昔の乞食帽子に1ヶ月分の髭面で
オヤジ一人なら観光にも見えなかったのだろうが一体、職業は何だと思われたのだろう。

民宿の場所を確認して先ず海辺に行ってみる。
誰もいない海。足元の波打ち際から遠く見えるところまで澄んだ海。自分しかいない浜辺で
目に映るのは海へ頬杖をついたように侘しげな船だけ。惜しむらくはどんよりとした
曇り空で飛行機から見たほどの青さが映えない。だがそれでも南の海だ。もし空も青く
日差しがあれば昔の森高千里の世界だし海が曇り空と同じ色なら
「メメくらげに刺された少年」が隣でささやきそうな「つげ義春的雰囲気」になるだろう。
(どちらも知らない奴にはスマン、である)

遠目には砂浜に思えた波打ち際は手指の骨のような珊瑚の骸。素足では到底歩けそうに無い。
フラフラとするうちに石碑が目にとまる。何とマア、柳田国男のものだが遠野物語の
イメージが自分では強いだけに場違いな印象を受ける。ここから宿に予約問い合わせの
電話をする。幸いにも希望日に空室が有るとの事で部屋の内容や料金の説明を聞くが
近所まで来ているから実際に見てみたいと言うと快諾いただける。民宿に向かう途中の
民家は皆、鉄筋コンクリートの方形柱。木造が全く無い。多分台風から住まいを守る
ためにこういう構造になるのだろう。
民宿に着き部屋を見せてもらうが気に入って即決。おかみさんから(どうやら一人で運営
しているらしい)茶と菓子のもてなしを受けてしばし話をする。先刻自分が浜辺で見た
船はシーズンになると客を乗せて少しばかり沖へ行き、客はそこでシュノーケリングを
楽しむそうだ。おかみさんも雰囲気の良い人で気に入る。次回来るのが楽しみだ。バス停の
場所を聞いて二分も歩かぬうちにバス停の名称が白保終点。ではこの終点の先は?
何となく行ってみたくなるが次回にしよう。30分に一度のバスに乗る。空港の前に
時間が少しばかりあるので終点のターミナルまで。¥350。さすがに元日。中心部と
思われる地区も開いている店は少ないようだ。
郷土料理の店なる所に入りモズクと角煮で石垣ビール(地ビールですな。これは悪くない
ものだった)食事としてソーキソバ(骨付き角煮が乗った当地のソバらしい)を頼むが
ソバというよりラーメン七割、うどん二割、残り一割は正体不明といった感じ。
食感としては腰があるわけでもなくボソボソとしている。ダシも何だかよく分からなかった。
一言で評するなら「うーーん。別の店でもう一度試してから」となるだろうか。
角煮は大きい事にビックリ。こんなの毎日食べていたらどうかなってしまいそうだ。
沖縄県民の平均コレステロール値はどうなっているのだろう?
店の中では琉球地方の民謡らしき曲がBGM。歌詞が全く分からん。その次の曲は
ハイサイオジサン。当地では名曲なのか?何という事だか。個人的には小柳ルミ子
の方がまだ良いと思うが(苦笑)確信は無いのだが店員同士の会話は自分が普段耳にする
日本語でなかったような気がする。

ともかく空港へ。搭乗時間待ちで喫茶店に入ったがコーヒーよりも泡盛水割りの
方が安かった(¥300)のでコチラを注文。沖縄らしいし...それ以上に自分らしいね。
さて 今年はどんな年になるのやら。

Sea_1

|

« 札幌 当然@北海道 <2003.10.24&25> | トップページ | 石垣島+福岡 <2004.1.23~25> »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133733/15057794

この記事へのトラックバック一覧です: 石垣島 <2004.1.1>:

« 札幌 当然@北海道 <2003.10.24&25> | トップページ | 石垣島+福岡 <2004.1.23~25> »