« 忘れた昔の覚え書き、でSeoul @韓国 のまとめて4月&5月分。 | トップページ | 身内のいない帰省先 福岡 <2009.5.17-19> »

2009年9月21日 (月)

非日常中の無変化 マカオ<2009.5.8-10>

MACAU <2009.5.8-10>

マンネリズム(MANNERISM)= 広辞林(三省堂刊)によれば
常に同じ技巧だけを繰り返して独創的な進歩発展を求めない事。

02

何でまた何回も?と訝しく(いぶかしく:一つの意味として怪しい、とも言える)
感じる人もいるかもしれんが夏以外のマカオは自分にとって一種の気分転換として
肌に合う土地、とでもなるか。
勿論、日常の脱出なら国内各地どこだって旅の風情は感じられる。
ただその場合はどうしても宿屋でTVを見ればいつもの画面だし街角でも
他人の会話を聞く事になるので無防備に耳へ入って来る他人の言葉から否応無しに
日常の物事を思い出して自分の感覚が現実生活に引き戻されてしまう事がある。

マカオの良いところは目にするのがアジア人他、多人種でも母国語に接することが
あまり無くて訳の分からぬ場所にいるというアンバランス感と歴史を感じさせる
建造物や観光場所と共に雑然とした街でもあり結局のところ、今の自分が
好む内容や雰囲気を一通りは揃えているという事だろうな。
それにどうしても短期集中だから荷物を大きくするのは好きじゃないので
靴や服装に気を遣う必要が無いのが良い。外国系の宿でも寝るだけなら
(ん、寝るだけじゃなくても)ドレスコードを気にせず普段着でOKだし。
とにかく特別に気負うでも無し、自然体で現地の風景に馴染めるのがイイ感じ。

連休中でもあり前日移動の出発日は朝から先輩宅で麻雀で、ずっと座布団に
置いた尻と背中が痛くなる。帰宅して飯と風呂、予定時刻ギリギリ。
翌日は成田からの午前便なんでどうしようかと考えつつ実家には戻らず
以前に使った船橋のビジホとしてしまった。
宿の寝床でマーサージ40分を頼む。麻雀疲れの身体に心地良いが
いつからか旅先でこいつが定番化してそのうち全くの健康志向から
胡散の香りが漂うミステリー風の「旅先アジア按摩マーサージ訪問記」
なる著書でも出せるんじゃないか、何て思う。

翌朝7:00にはcheck out。船橋駅周辺は禁煙エリアで反則金¥2000と
いたるところに掲示されている。こういう表示は街の美観以前に
何だかなあ、って思うなあ。闇雲な規制より喫煙環境を整えた上でやって欲しいよ。
現役をリタイアした高齢者風の監視員がやたらと多い。
と、京成船橋駅の階段下に女性の叫び声。!!!っと振り返れば
若い白人女性二人が派手に喧嘩している。うわァ、バシッと本気で叩くし
掴み合うしで。何者が何だろ?場所柄、昨夜に客の取り合いで遺恨でも
残したんかいな?
夜に盛りの時間帯なら客引き或いは売れないホストにも見える、
朝だと「結婚式の披露宴で飲み過ぎてネクタイを忘れたままゴミ箱の傍らで
一夜を酔いつぶれて過ごしたような」服装と雰囲気の若造が仲裁しているが
火花は収まらない様子。日常を離れると色んなものを目にするもんだ。

022

成田ではゲートの関係で今回の搭乗前ラウンジはU.A.の赤カーペットクラブに
初めて入る。分散しているANAラウンジより小奇麗で広い印象でも禁煙。。。
サービスの握り飯を朝食に画面のCNN観れば丁度、訪問先の香港で
インフルエンザのNEWSをやっていて映画のOUT BREAKに出てきたような
物々しい防護服姿の連中が消毒液を撒き散らしている様子が映されている。
現地でこんなの喰らったら、、、たまらんだろうなあ。
免税店では普段でも飲まなくなった日本酒じゃなくて手頃なウィスキ。
PETボトル製で軽くてありがたいし500mlなら丁度、旅先の友人として
具合が良い量だ。
機内で今回は定番の入出国カード以外に健康問診票が配布される。
こうして見ると世界中の出来事なのだと実感する。
香港に到着して恒例化した入国審査場少々手前の喫煙所で一服してフウ、また
訪問できたぜ、の感慨に浸る。
香港空港訪問常客証、FVCは二月に更新案内のMAILが来て返信したものの
手元には三月の期限を過ぎて随分と届かなかった。期限切れのカードと
念のため印刷した案内MAILを見せてOKかね?と聞けばスーパーのレジで
使うような読み取り器を当てられて液晶にEXTENDと表示され一安心。

3

毎度の香港空港から高速鉄道で市街に。車窓からの好天、晴天、気分良し。 
着後は定番のフェーリーターミナルまでの散歩。
高架回廊では所々に灰皿があってココに吸殻以外のゴミを捨てると罰金と
表示がある。禁煙者への反則ばかりじゃないのが少々好ましい。
フェリー乗り場の旅行代理店では今回は少々思うことがあってクーポン無し。
前回、店頭に並んでいる各宿の料金表から適当に決めたのと同じく総統酒店を
航空会社系の旅行代理店でWEBから購入していた。これはまあ、ハズレではなかった。
で、サウナも無し。ということはフェリーのチケットも無し。自分で窓口にて購入する。
気まぐれで一等席みたいなやつに。HK$236なり。
これは値段にそれほどは合わない少しばかり広い座席と航空機の機内食みたいな
ものがサービスで出される。メリットとしては乗下船の時に最初に案内して
もらえるのは混雑期には良いのかもしれないのと定番の二階座席では
停泊中の揺れが大きい時があって一階部の分だけ少しは楽かも。
しかし結局は割高感の方が多い。
航路の海は紺碧でなく入浴剤が混ざったような緑。マカオが近くなると
茶色になる。水深や海底の様子は全く想像できんが「根拠の無い邪推」を
すれば香港、マカオは裏利権、闇社会の百鬼夜行であるとも思う。
(勿論、だとしても自分のような観光客には関わりが来ないのは当然だろうが)
この辺の海に一体何が沈んでいるのか知ったこっちゃないがマカオの
面白さは色々有っても海の色を見た限りでは海水浴だけは不適だな。

32

前回と同じく、と行かないのは到着早々に少しばかり嘗めるつもりで
覗いて見た総統酒店のBLACK JACK。こりゃダメだで道の反対側、
WYNNに移動する。以前は人間マカオグランプリみたいな感じで
車の間を駆け抜け横断みたいだったのがリスボア側に横断地下道が完成した。
以前と同じく車道に行こうとすれば警備員(あるいは警官?)らしき
人が警告制止しているのを何回か見る。

BLACK JACKは記録によると一行だけ「ボロボロ」と。
それ以外の「成り行き」については省略。

4  

前回は香港のフェリーターミナルで当日売りだったらか素泊まりだったし
寝坊したから昼飯兼での自己手配だったが今回は宿でCHECK INした時に
朝食券を二枚くれた。サービスとしては悪くないだろう。
中国宿屋の口コミ情報を見ると二人で朝食付宿泊しても一人分だけで
二人目は追加料金なんて記事が何回か記憶にある。
この頃、自分はどうせ室料単位なんだからと一人でも二人として予約する
場合もある。出発、帰着は単独行だって現地じゃ分からないし(苦笑)

5

ロビー横の軽食屋みたいなところで内容的は実に宿の朝飯として前代未聞的質素。
隣のテーブルには出発時に船橋で目撃した金髪娘を思い出させるような
東欧系らしき(独断)女の子二人。観光なのか出稼ぎで一時定着しているのか
分からんがそれもマカオ、だ。(どうも後者の気がしたがどうでもいいや)

昼に少しばかり散歩気分で中国本土の珠海まで。コイツはインフルエンザが
流行語になっていた時季ということを見誤った。
マカオ側に戻る時には越境ゲートがドエライ混雑で通過に90分以上を要した。
何かの場所で状況によってはこの位、時間がかかるというのを見た気がする。
それにしても先を急ぐ旅じゃないが無駄に暇つぶしした疲労感だよ。

9

夕刻までBLACK JACKは勝ちの上限、負けの下限をビチッと心を構えたのが
良かったか少し回収して後は深夜便の帰国準備で香港へ。
今回は香港の商店街お少しばかり散歩ね。

7
あるいは面白さを感じて足を停める小物の店なんぞがある。
「ん、見てるだけ」「日本からね、来たのよ」なんて店員さんと話を
したりして外に出てショーウインドを見ながら手帳に気になった品々を
メモしてると後からワザワザ名刺をくれる店もある。
親切ならありがたいが何かの取材と勘違いされてるなら申し訳ないね。

8

香港空港ではCHECK INカウンタの一つにAEROFLOT、つまりロシアの航空会社。
並んでいる客は軍人慰安会ツアーかいな?と思うようなオッサン連中で
第一印象に浮かんだ語句が「ベア、だっ!」、とにかく特大でロシア連中を
時折「ヒグマ」に例える事があるけれど間違ってないと思う。

91

旅の必須体験、マッサージの類が空港内にあるというので探してみれば
残念、21:00には閉店で利用できず。香港の帰路はだいたい深夜発の
朝帰りだから再訪しても当分はダメだな。
ラウンジでシャワーと軽食だけしてホントに帰るだけ。
利用時刻が悪いのか昨今の経済情勢かANAと提携しているエールフランスの
ラウンジは随分と「品薄」になっていた。
最近ではJALの経営環境がNEWSネタになっているがソッチ系の会員の
中にはサービスの変化と言う点で気にしている人がいるかもしれない。

92

帰国時には健康状態の質問票記入をする。それにしても日本の用紙は
他国と比較して紙質が全く違う。なんだか資源の無駄遣いをしているみたい。

在来線でユルユル寝てばかりで昼には帰宅。
2009年の五月は色々と「ナンダカナア状態」だったような気がする。
それでも終わって乗り切れたら終わった事。
マカオはいずれまた気分転換の時に、だ。

|

« 忘れた昔の覚え書き、でSeoul @韓国 のまとめて4月&5月分。 | トップページ | 身内のいない帰省先 福岡 <2009.5.17-19> »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 忘れた昔の覚え書き、でSeoul @韓国 のまとめて4月&5月分。 | トップページ | 身内のいない帰省先 福岡 <2009.5.17-19> »