« 「初めて」が多々有り、でMACAU<2009.10.15-18> | トップページ | 世界の暮らしもそれぞれに ソウル&その近郊<2009.10.31-11.2> »

2009年12月15日 (火)

初体験続々のMACAU 続きのPART-2 <2009.10.15-18>

前項からの続きで。。。

12

WYNNの食事屋も夕方になると昼休憩からOPENしてくる。
カジノ内に玄関がある日本料理屋へ。ところが客案内の姉さんは
自分の服装を見て アンタの格好じゃチョット無理ね、という。
食事屋でドレスコードから入店拒否も初体験。
だってMACAUは亜熱帯気候みたいなもんだから楽な服装で来たいんだよ、
と思っても仕方ないから 道路反対側の中華レストランへ。

13
結果的にはコッチの方が正解だった気がする。

17
フカヒレとアワビが食いたいな、などと思いつつ見せて貰った
メニューからして旨そう。

14
BLACK JACKの恩恵で何でも持ってこい状態で空腹という極上調味料を
差し引いても感動的な味だった。

15
アワビは丸ごと煮付けたようなのにステーキソースみたいなのを
掛けてもらってホントにアワビの味だった。こんな形で喰ったのも初めて。
とにかく満腹満足でバチがあたりそうだ。

16
基本的に食事場所では一服しない習慣だけどあまりに旨かったから今回は
灰皿も置いてあった事だし例外的に食後の一服でくつろぐ。
晩飯後にこんな充足感も初めて。あとは帰るだけ。

18

時間は少々残っても今回のBLACK JACKは深追いせずに香港へのフェリー
ターミナルに移動する。十分な収支で気が大きくなっていたためだろう。
衝動的にフェリーでなくヘリの窓口へ。

19
ヘリコプターを初めて体験した。待合室は空港ラウンジみたいな
雰囲気でフェリーと全く違う。時刻が来て耳栓を渡される。
なるほど回転翼の騒々しいこと!座席は4点固定式のシートベルト。
離陸時に飛行機は景色が横に流れるのに垂直クレーンで吊り上げられた
ような錯覚がある。それにしてもうるさい。香港マカオは約60kmだったか。
それを15分で。計算すれば以前に聞いた事があるヘリは新幹線と同程度の
速度というのを納得する。パスポートコントロールも出発、到着時は
フェリーと別扱いで早い。
片道運賃はHK$2500なり。WYNNあたりの週末宿泊料金並で成田-香港間の
片道より随分と高いが今回はまあ、いいや。

20

さてね、香港での目的は一つ。毎度の事ながらどこか気の利いた
足ツボマッサージ屋でも無いかなあ、って。こればかりでもこれが
好きだからしょうがない。
土地勘の類やアテも無くフラフラ散策して偶然にもビルの看板に
足の一文字を発見する。今回は何につけツイテルなあ。
無条件降伏でエレベータに乗って店に。
足30分、肩と背中を重点的に身体を45分のセットにしてHK$330チョイ。
日本と比べたら半額以下だ。足の裏を揉んでもらいながら傍らの
テーブルには茶のサービス。
これがまた実に良い香りで非常に満足な結果だった。

21
店内客は白人系の人たちばかりでその土地の異邦人には一種の
穴場的場所なのかもしれない。
マカオでの食事が余程に良くて消化が早かったのか少しばかり何か
も一つ食うかの気分で帰りのエレベータに乗ったら同じビルに
日本名の寿司屋があった。
こうなると自己制御不能で幸いな事に服装で断わられる事も無く。
カウンターでチョイと一杯しつつ。日本酒の担当専門というような
黒服の人が色々と酒の説明をしてくれる。ワインで言うとソムリエ
みたいなものだろうか。料理人の人と話をしつつ食えばまた旨い。
ただ、素材は日本から空輸してくるのだと。
観光の暇つぶしで訪問したと言えばホントかどうか、料理人はL.A.で
仕事してから半年前からこの店に働くようになったそうだが観光で
来店した客を相手にしたのは初めてだとか。
それじゃ普段は一体、どんな連中が来るのだろう?
このビルの寿司はBLACK JACKの結果次第だからともかくとして
足ツボマッサージは今後、香港ならば帰路途中の定番コースにする
価値が有ると思った(確信)

22
あとは空港に行くだけ。香港-成田路線では成り行き任せでも
何回か恩恵を受けたけど大体が最安値の割引航空券が定番ながら
今回は初めて「こうすれば可能性は高いだろう」と計算して仕組んだ
結果に思惑どおりのC-CLASSにUP-GRADE。
帰路の夜間飛行でビジネスクラスだと楽なものだが本職以外では
旅道楽が楽しみと来れば研究してみるだけの価値はあるものだ。
どこで何をしてもソコソコに面白さは有るけれどこれ程に
最初から最後まで文句なしというのは初めてだったかもしれない。
帰宅して翌日は月曜日で仕事の始まり。それもまた良い。
最近知った言葉に弾丸ツアーというのがある。
数日滞在ノンビリマッタリ観光だって悪くないだろうが週末限定
現地一泊でも、短期集中ならではの興趣は絶対に有ると思う。

|

« 「初めて」が多々有り、でMACAU<2009.10.15-18> | トップページ | 世界の暮らしもそれぞれに ソウル&その近郊<2009.10.31-11.2> »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「初めて」が多々有り、でMACAU<2009.10.15-18> | トップページ | 世界の暮らしもそれぞれに ソウル&その近郊<2009.10.31-11.2> »