« 牡蠣とチーズと北海道 <2013.3.22-24> | トップページ | 出発前に切符選択から失敗するの巻。 ハァックション。。。 »

2013年5月19日 (日)

2013年 スイス夏旅 準備編

山が好きだった昔の気分でスイス <2013.8.10-17>

普段なら何処に行くにも成り行き任せ。
荷物ですら当日になってからアタフタと準備して
それほどの覚悟もなく出掛ける。
今回は久しぶりに計画立案から意気込みが違っている。

<2013.五月の計画>
この歳になると天地の遷り変わりが気が付かぬうちに過ぎていく。
季節の走馬燈である。その中で寒暑の気候が自分に厳しい。
昨年、勤続表彰休暇の余韻も単に記憶の一つとなった夏の日に
さてなあ、2013年のはどうしたものか?と。
盆休みであっても里帰りの様なものならいつでもできる。
色々と思い浮かべる内に毎日が終わる。
国内は季節価格で高騰するし混雑するしで暇つぶし先候補とする考えも無く
結局、昨年五月の続編的に行き先は「何となく」で欧州としてしまった。

この場合に交通機関は飛行機しかない。
「足」を決めるにあたり条件は最初から決定していた。
特典券で経費節約。往復は新造機77Wのファーストクラスと
B787のビジネスクラスの組み合わせ。これだけ。絶対に身銭を切って
行ける訳が無いからマイレージの使い方としては良いだろう。
航空会社のHPを調べれば丁度、夏休み初日と終盤に一発確定の
空席を見つけて躊躇無く申し込みをする。
入り口はパリ、出口はフランクフルト。
が、今年になって787のトラブルからパリ行きは77Wから777に機材変更
となってしまった。
昨年に77Wで往復した時にこのシートは随分と居心地が良かった。
対して777のは古臭さがどうしてもある。90年代後半、仕事でヒューストンへ
寄った時の展示会では何故か業界が全く違う英国航空のブースがあって
当時には最新のF-CLASS用シートを導入したと展示されていた。出張は
経費節減からY-CLASSのみ。いつかこんなので旅をしたいもんだと思っていた。
その後に初めての欧州訪問で座る事になってやはり悪くないものだった。
だが、今では初登場から20年近く経過して何かもう一つ足りない気がする。
思惑なんてものは概して外れる方向にずれていくものだし、だからといって
元々がタダ乗りだからそれでも十分だ。(結局、セコイ性分なんだな)

それにしても昨今の円安傾向までは予想できず。これなら円高時期に
行き先の他、現地宿や移動手段を確定させて予約手配と支払いまで
やっておけばなあ、と思う。実際、為替差損(?)を考えたら宿代の
一泊分と豪奢な晩飯費用程度は浮いたはずだ。

大体が三ヶ月くらい前になれば大抵の予約が可能になるし間際では
空きがナシ、となって随分と慌てる事になるだろう。
自分のこの頃は暇つぶし場所の更新頻度が随分と落ちた。
暇云々よりも気力の問題だろうがそれでも今までに面白いと感じた
WEB上にある幾つかのBOOKMARK個人場所は毎日読んでいる。

行き先だけは欧州としていたからギリシャの遺跡やイタリアのパスタも
魅力的であるし。従妹はブルガリアの男性と所帯を持ってボストンに住んでいる。
頭の中で地図上の何処にあるのか分からない国を訪ねるのも面白いだろう。
ブルガリアだけでなく特に他にも東欧諸国の位置関係は全く把握できない。

昨年の欧州編で参考にさせていただいたWEB場所を読み返せばスイスの記事が
随分と詳しい。時折に現地で会う中国の友人は山歩きが趣味になったとかで
この頃は隔週程度に写真を送ってきてくれる。
G.W.連休前には漠然とした想いが相当に具体的な形となった。

<ならば山へ行こう>
自分は元々、泳ぎがダメだし大学時代は山歩きのクラブだった。
先日、バンコクで再会したケンケン氏は当時の後輩でもあり。
何年か前にハワイで4000m級の山に行くつもりが現地で断念した事がある。
登頂は不可能だってせめて富士山よりも高い場所を体験したい。
これで旅のコンセプトは決定する。
モンブラン、ユングフラウ、マッターホルン。これは直接見たい。
特にマッターホルン4478mだ。槍ヶ岳には何回か登った。しかし
似た容姿の気がするそれよりまた1000m以上高い。 

なにやら随分と気合注入の気配が漂う。 が、これもまた暇つぶし。

<出発準備と費用>
経路と使う足を決めねば。スイス国鉄のHPを見ながら立案しては変更し、
の繰り返しでようやく確定した。無視できないのは現地の交通費である。
最終的にはフランス国内は区間乗車券、スイスとドイツはレールパスの
組み合わせになった。だがこのユーレイルパスは国鉄用みたいなもの
らしいから山岳鉄道の類では割引適用となる路線があるにしても
今後の付帯料金がどうなるのか分からない。事実、相当に高価である。
JRでさえ運賃ルールは面倒になる場合がある。ましてや経験が無い
現地の話と来ればどうなるんだろうか。今後の調査課題だ。

それから荷物。基本はEMPTY HANDだからスーツケースは使わない。
昨年の欧州編で使ったOAKLEYのKITCHIN SINKはどうにか役に立った。
でも重い。山を動くならば別のものと考えてAMAZONにて見た結果
GULLWINGの#42517を買った。容量は小さく見えるのに41リットル
で悪くない。拡張機能を使わぬKITCHIN SINKよりシーンズ二本、
厚手の上着がもう一つ余分に入る。ただポケットは多いけれど
各部分の収納サイズが中途半端で横幅と長さがあと3cm、厚さで1cm
大きければ完璧だったろう。惜しい。

Swisss01

決まってしまった話であるものの準備を含めて国内で色々動く費用を
別とした日本から出発/帰着のコストがどうなるのか整理した。

交通費 合計で¥117,670+α(\130/ユーロ、スイスフランは¥106で換算)

航空費用 成田-パリ F-CLASS、フランクフルト-羽田 C-CLASS ¥53,230
(燃油の他各種手数料、税金類)

Eurail Germany - Switzerland Pass 1等用 5日間有効 ¥49100
インターラーケン - フランクフルト間のICE指定券と手数料、発送料込み

フランスの移動 PARIS AUSTERLITZ からシャモニまで  EUR89
六人用クシェット寝台料金、乗車券と乗り換え鉄道費用込み

シャモニからジュネーブまで移動費  EUR29
列車1等が二回と車(これが正体不明)

問題はレールパスで割引適用になるにしても別途、料金が必要な
スイス山岳地帯の交通機関でこれが随分な金額になるはず。
全部で二万、三万は軽くかかるかも知れない。
実際、VISP-ZERMATT間はスイス国鉄路線では無いと思うが。
金額の他にパスの適用方法や乗車券購入はどうなるのだろうか?

宿代 合計で¥52,810+α(インターラーケン宿泊先がまだ未定で
それを加えたら¥7万~8万程度になるだろう)
初日にフランス到着後、シャモニまで移動するのも暫く街歩きを楽しみ
座席でなく寝台列車だから交通費と宿代が兼用と考えれば随分に割安だ。
徹夜明けの様な時差ぼけで眠いのをギリギリ我慢して車内では
8時間睡眠なら十分なはず。車両も昔のブルトレB寝台風で
面白気分への期待感がある。
しかし混雑状況次第では自分の鼾が周囲の客に多大な迷惑になるかも。

さて、そうすると合計で¥20万弱。
あとは付帯する準備や現地交通費、食費に買い物費用を加算すれば
¥30万程度だろうか。昨年に精算済みの航空費用を除くと実質的に
総費用は¥25万程度となるはず。
これがコストパフォーマンスとしてどうであるか?

それだけは考える必要が無い。
道楽の本質とは その一つに銭の話を度外視する所にある。
同時に根がケチなものであるから世の中にあるツアーの類と
比べてみたくもなる。これもまた野次馬心だ。

ANAのツアーでジュネーブから入って宿泊しシャモニ経由(宿泊ナシ)
ZERMATTに連泊、インターラーケン泊でグリンデンワルトに連泊してから
チューリッヒ経由で帰国する旅程を見た。但し出発は8/7のみ。
自分と同じく全日程は8日間。
一人旅につき宿も一人部屋として追加料金を払うならエコノミ利用で¥62万、
特典券を使って現地ホテルから参加でも¥44万だと。
添乗員や現地案内人同行の募集企画型ツアーの便利さは確かにある。
しかし一人の気ままな気楽旅、出たとこ勝負で思いのまま、とした場合は
割高感や物足りなさが出るかもしれない。どっちが是非と言うより一長一短だ。
ただ、一般的な観光地向けとして独り旅の場合は
間違いなくツアー参加は割高になるだろう。

あとの問題はカジノやね、シャモニーには由緒正しい場所があるらしい。
欧州では1勝2敗。デビュー戦のアムステルダムはBLACK JACKの知るべき
セオリーを知る前の事だから負けて当然。二戦目のワルシャワは旅費用以上の
収益となった。しかし前回のプラハは最悪のボロ負け(日本なら非合法の賭場なので
滅多に無い機会には非日常的な遊びとして十分に負けても良い予算枠を考えている。
しかしそれ以外の旅費用にまで手をつけてしまったと言う意味で)
その後のマカオでは連勝して損失の半分と何倍かを返してもらった。
他にはベガスの雪辱をソウルとシドニーで果たすと言う展開でここまで来た。
次の機会はどうなるか?

どうなろうとも自分の旅。

おっと、それならテーマソングを考えねば。

行き先はスイス。そして参加者は自分だから性分に合わせるとコレしかない。

♪すいすィ ス~ダララッタ スラスラ スイスイスぃ~♪

ん?上出来かも。植木等に万歳だ。果たしてどんな旅になるだろうか。

<確定旅程 発着地と交通機関>
8/10
NARITA NRT 11:55 PARIS CDG 16:40  NH205   

PARIS AUSTERLITZ 23:12   NZ5595 
        ↓
8/11
SAINT GERVAIS LES B 08:44             
SAINT GERVAIS LES B 09:06 CHAMONIX 09:50 TER18907   

8/12
CHAMONIX 08:14    SAINT GERVAIS LES B 08:57  TER18940     
SAINT GERVAIS LES B 09:03  LA ROCHE SUR FORON  09:46  TER84154
LA ROCHE SUR FORON  10:12   GENEVE EAUX VIVES  11:02  CAR49883

GENEVE 12:33 VISP 14:52    IR1719    <Eurail Pass>

VISP 15:10  ZERMATT 16:13      R245

8/13 <STAY IN ZERMATT> 

8/14
ZERMATT 07:39     VISP 08:47       R222   <Eurail Pass>
VISP  08:57       SPIEZ  09:24  IC819
SPIEZ 09:33       INTERLAKEN OST  09:57 IC961

8/15
INTERLAKEN OST  15:00    Frankfurt (Main) Hbf  19:53  ICE376   <Eurail Pass>

8/16
Frankfurt Flughafen  FRA 12:00    HANEDA HND 8/17 06:25

|

« 牡蠣とチーズと北海道 <2013.3.22-24> | トップページ | 出発前に切符選択から失敗するの巻。 ハァックション。。。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 牡蠣とチーズと北海道 <2013.3.22-24> | トップページ | 出発前に切符選択から失敗するの巻。 ハァックション。。。 »