« 2014年終盤の番外編<札幌・福岡・バンコク> | トップページ | マッサンを偲んで余市。牡蠣季節を惜しみ小樽と千歳 <2014.4.3-5> »

2014年12月28日 (日)

言行不一致で反省無き反省の2014年。

少しずつ出歩きを減らして堅実な日常とするつもりが
昨年並程度の結果になってしまった。

昨冬NEWSとしてスキー女子ジャンプ、高梨沙羅選手の
活躍が印象深い。

スポーツ観戦へ随分な興味を持っても大抵はTVで。
実際、それが楽だ。
年初の札幌では久しぶりの現場観戦だった。
これには満足している。

それとH.R.ギーガーの訃報を知った時に
グリュイエールは訪問せねばと即座に計画した。
ベルリン、シュタージの話を目にしてSET企画となった。
出発の一週間前、特典券の空席を見つけて
衝動的な旅程だったが結果は十分すぎた。
旅師匠のe&rさんから良い情報をいただいたものだと
今、想い出して感謝している。

CASINO話は言う事なし。
昨年のソウル以来、収支は十分なものでセルフコントロールが
ようやく出来るようになったのかもしれない。次回はどうだろう?

面白いと思った一つ。自分の旅は自分で決めるの自分。
だが旅板の類へ幾分か関わる事になった。
先に書いたベルリンのシュタージ。これの動機と収穫は
そういう場でのfさんなる参加者の御蔭だ。

ただWEB社会は様々な人が居て書き手の名はHN、仮名の世界。
しかし事実として現実の人間が表現する文字を打ち込んでいる。
例えばYAHOO!NEWS記事にはコメント欄で各種の声がある。
旅話に限局しても正直な所「この人は本気でそういうセンス
なのだろうか?」と思う書き込みが多々有った。
人間が考える事ってのは他人に分からぬもの、なのだろうなあ。

これは正しいとか誤りという話じゃない。
一応は自分の世界観が出来あがっているので「自分とは全く
違うものを見てきた人」が存在するのは理屈の上や想像の類で
承知している。しかし本当にそれを実感する一年間だった。

そして不満もまたある。
昨年に続いてNHKの英会話ストリーミング。
自分だって信じられぬが日常の毎日に必ず耳にしていた。

とにかく聴く事ばかりを最初の二年は重点とした。
後からチラチラとテキストを見ても(読むとか学ぶじゃない)
通勤運転中や寝床で繰り返したところで「何かよくわからんなあ」とか
一時に耳を通りながら後まで頭に残らぬというのが大半だった。

だが馬鹿の一心とは侮れぬもので出先現地で取りあえずのところ
会話に不自由する場面は無かったのは自分に気付かぬ進歩が
有ったのかもしれない。来年から耳だけでなくテキストも
音読しながら耳+目でやってみようと思う。

一番の文句はマイル積算と特典交換の改悪だろう。
後者は来年四月以降、更に厳しい。
単発収支で異国渡航するなら航空券、会社は格安物が
表面的に安いのは名称のとおり。
ただマイル積算対象外が多いのでは。

格安販売と航空会社の正規割引では欧米路線を10回使ったとして
差額総計は¥30万~40万程度だと思う。
長期的に利用頻度が多いなら航空会社を絞って使う方が得だ。

ANAでSFC資格になって丸十年。特典券で欧州往復F/FかF/Cで
4回の他、各地に随分とタダ乗りが出来た。この先、退会するまで一生、
ラウンジとP-エコが使えるのだから元本以上を取っていると思う。

2015年は抑制の年にしたい。出歩きより旅資金蓄財。
次の2016年は英会話学習の現地試験で納得するまで動きたい。

とりあえずは1月に札幌。これは女子ジャンプの観戦。
前回失敗したオイスターバーの雪辱を兼ねて。

3月はソウル。 
CASINOの会員資格は年に一度行かないと維持できないので義務的に。

6月はバンクーバー。既に三泊予約済み。当然、なでしこJAPANの応援。
早めに航空券を抑えるか、燃油手数料が¥14000安くなる2月からにするか?
(現状だと4月なら更に¥14000安くなるだろうな、と予想)

描いて語るは夢物語。 
本当の所、自分の来年なんて終わってみなけりゃ分からない。
それにしたって まあ、 悪くない一年だった。2014fltfinal

|

« 2014年終盤の番外編<札幌・福岡・バンコク> | トップページ | マッサンを偲んで余市。牡蠣季節を惜しみ小樽と千歳 <2014.4.3-5> »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2014年終盤の番外編<札幌・福岡・バンコク> | トップページ | マッサンを偲んで余市。牡蠣季節を惜しみ小樽と千歳 <2014.4.3-5> »